HOMEに戻る

吉川晃司TOPIX & 更新情報(過去LOG)1999年


AAAに参加!     (Update:1999/)

 てるみ嬢からのタレコミ情報です(笑)!来る12/1(水)FM802主催のAct Against AIDS ’99 LIVE IN OSAKAに吉川師匠が出演されるそうです。詳しくは以下を参照のこと。

日時12/1(水)開場6:00pm 開演7:00pm
場所大阪城ホ−ル
参加アーティストChar、佐藤竹善、Begin、他7組
チケットロ−ソンチケットにて発売中、1枚3500円

Concert Tour 1999 [Hot Rod Man] FINAL     (Update:1999/)

 出不精で怠惰で不届き者の吉川ファンを自認(他認でもあると思うが)する私。当然ツアーに毎回出席なんかしていなかった。ですが、↓にも書いたとおり、今回のアルバムはかなり気に入っていたんですよ!とっても。そういうわけでツアー、久々に行こうかな〜なんて軽い気持ちでいるとやはり天罰。チケットが取れない・・・。うくくく〜と唸りながら、典に許しを請うこと約30秒。これが効いたのか、ひょんなところからチケットが2枚舞い込みました(笑)。しかもファイナルの東京国際フォーラム!う〜んついてる。
 ちゅーこって、本題。行って来ました最終日。英語で言えばファイナル!フランス語なら・・・・、ま、とにかく!会社から歩くこと10分。ほんと近くていいよなあ。最近なぜか吉川晃司に目覚め始めている先輩を伴い、ホールAへ。うぉぉ!!こりゃすごい人だよ!吉川がサクラをばらまくとは思えないから、これこそ正真正銘の吉川晃司ファンの喪服行進なんだろう!!う〜ん久々の光景だ。を!いたいた!「勘違い偽吉川君!」う〜ん久々だなぁ〜(笑)ちょっと人数減ったかな〜? あ、「子連れのお母様」も!えらい。ファンの鑑だね。「コギャルっぽいお嬢様」もいるぞ?新規のファンも獲得しているんだなあ。年輩のおじさまが一人ってのも渋いなあ。しっかし多種多様なファンを獲得しているんだね〜。会社スーツ姿は恥ずかしいと思っていたけど、そんなんもふっとんでしまった。まずはグッズ売場に並んで、いくつかグッズを購入。(中身はヒミツ。恥ずかしいから(笑)。)で、ホールへ。しかしなんちゅーわかりにくい構造なんでしょう!とかブチブチ文句を言いつつ席へ。舞台ではギター、ベースのミキサーチェックをやってる。もう始まるのだね!
 と、ライトが落ちる。いきなり流れるFlashback!!薄いベールの向こうの暗闇に獣が微かにうごめく!わーい、久々の生・吉川しゃんだ!!絶対一曲目はCry Mariaだと思っていたから意外だった。ジャガジャガと楽隊が小躍りする!うむ〜ケンタくん、いつのまにやら吉川と対局に位置する右半分を自分のステージにできているでわないか!?すごい成長ぶりだ!!父さん嬉しいぞ!(芳雄談) 吉川しゃんは中心からやや左半分を拠点として暴れまくる!しかし痩せたぞ吉川選手!長いツアーの間に身体がシャープになったのね!嬉しい限りだ!これが吉川だ!世界一カッコいいぞ!!そして中盤に必殺の片手バクテンを決めてみせた。おおう、最後の決め技、ウルトラマンで言うところのスペシウム光線、仮面ライダーで言うところのライダーキック、24時間TVで言うところの「サライ」を、こんな中途で使用していいのか!?ドキドキしながら見守る。「どうやって最後の怪獣を倒すのだろう!?」・・・・そんな"すっとこどっこい"な個人の思いなんかは無視してステージングは進む。懐かしい曲のメドレーではNervous Venus、La Vie En Roseなどに続いて私の大好きなMarilyneが歌われる。おお、石原真理子が蘇る・・。体中のアドレナリンが逆流だ!鳥肌が立つよ!名古屋では「サムボロが立つ!」と言うんだっけ!? それはともかくとして、宵闇〜では、秘かに「久美ちゃんが来るかな〜」と期待していたが実現せず。なんでも前の日に来ちゃったんだそうだ。おいおい、ファイナルにしてくれよ〜。などと言う意見をかみ殺しつつ甘い歌声に酔う。目を閉じると眠り込みそうな心地よさ。・・・・・この裏声がたまんないね・・・・・。ぐーぐー・・・・。おっと! Hot Rodでは斬新ナスタイルに斬新な踊り。研究熱心な吉川しゃん、えらいぞ!! 吉川は「前半戦はノリがイマイチだったな〜」と言っていた。確かに客とステージの一体感は前半戦には無かったような気はする。でも僕はかなり盛り上がってきていたのだ。充分だぜ、こうちゃん。超オッケーっすよ。
 後半戦では輪をかけて「スーパー良い曲」のオンパレード。もう涙もんだよ!東京だよ、おっかさん! Boy's Lifeもよかったし何と言ってもPretty Dollが良かったな〜。唯一やったCOMPLEXだった。そういやケンタ君が布袋ダンスを真似していて笑った(笑)。(彼のダンスは全般的に「おじゃる丸」のエンディング「プリン賛歌」の踊りに似ている) 満足満足。アンコールで登場した選手から、レコード会社の移籍の話やら、アルバムとツアーは少々休んでシンガー以外の部分にもチャレンジしたいというような話があった。(会社はマーキュリーレコードとの噂) ということはあれかな?役者・吉川晃司が久々に見れるのかな?まさか月九で木村佳乃とアホなブコメをやるとは思えないので、ここは一発映画でしょう!!え?違う?う〜む期待だぜ。
 アンコール最後に選ばれたのはHot Rodの最後を飾っている、この雨の終わりに。吉川のソロピアノから流れ出した美しいメロディラインに、会場が一体となった。空中を不思議な妖気が漂うような、異空間。・・・・と、突然Flashbackがリプライズ!そして再びベールの中に帰ってゆく吉川。いや〜満足した。まじでよかった。暗闇で脳を殴打されたような感覚だった。しかも、しばらく見れないということなんで更に感慨深かった。
 耳がちょっときーんとする。心地よい疲れ。会場近くのへぎそば屋兼居酒屋で先輩と祝杯を上げた。先輩はえらく感動していた。また誘ってくれだって。ちょっと嬉しかった。で、帰った。(あ、ケンタくんとヒロミチ氏が古いボルボで走り去っていったな〜。六本木方面へ。)ほんとは、下北沢でも飲みに行こうかなと考えていたんだけど、なんかこんな楽しい夜はこのままの気持ちを反芻したかったので、真っ直ぐ帰った。まじ、楽しかったです。吉川選手はじめスタッフの皆様、本当にお疲れさまでした。ゆっくり休んでね。で、また殴打系の"何か"をやらかして下さい!

My Favoriteな二人なんです     (Update:1999/)

 ツアー中につきネタのないパープルスネークですが、絞り出した苦しいネタで久々の更新〜!!ということで、私の大好きな優作と吉川の比較を何故か思い立ち、やってみました。なかなか難しかった・・・・・・・・。でもアイコンまで作ったのに、内容は実は大したことありません(笑)。悪しからず。まだ構築中のHPなので、情報があったら教えてたも!!

優作VS吉川

[Hot Rod]を聞き込んだ感想なんです     (Update:1999/)

 Hot Rod、やっと週末に聞き込んだので感想書きます!まずはジャケットについて!いや〜やってくれますね。完全に趣味の世界!自分の車(Aston Martin)をばんばん載っけちゃう晃司がとってもいー!GOOっす!やんちゃですよねえ(笑)。

 で、内容です。結論から言うと、ここ数作のアルバムの中では最高だと思った!ちゃんとROCKしているし、バラードしている。そこここに吉川晃司テイストが溢れているし!しばらくこんなアルバム、聞けなかったから。どおも最近の数作はダメで・・・・。
 [CRY/MARIA]はオープニングにふさわしいROCK!前田さんの詩が新鮮な感じでとてもよい!ここから[ギラギラ]、[Lovin' Noise]にかけての流れはとてもいいですね![宵闇にまかせて]では突然アコギ一本でこれまたいい感じ!久美ちゃんとのデュエットもとっても似合っている。この曲、是非二人で肩を並べて吉川のギターで歌って欲しいなあ。TVかなんかで。[Hot Rod]は何となく[PROPAGANDA]を彷彿としてしまうなぁ。[Flashback]はさ、ちょっと昔の歌謡曲っぽくていいじゃない?ラップになったり、ワルツになったり、とってもおもしろい曲!苦労の後が伺えるなあ!これ大好き! [Wired-Boy]は導入部分はそんなに面白くないけど、サビはとてもいい![Glow]は賛否あるようだけど、僕は好きだな。これってシングルよりも少〜しスピード落としてない?ギターもベースもなんか重量感があって、戦車なんだけど猛スピード出して走りながら上で吉川が歌っているような(笑)そんな感じ。結構好きです。[Loving Grooving]はあんまり好きじゃない。というかこの手のリズムはちょっとね・・・。ま、個人の趣味の問題ですが。ラストですが、僕はアルバムのラストをバラードで終わらせるのが好きなので、とても気に入っていますよ。これ。[この雨の終わりに]。雰囲気的に刑事物かなんかのドラマのエンディングに使ったら絶対ハマルよ、これ!

 というわけで、吉川先生、いろいろ書きましたが超オッケーっす!気に入りました。MDにとって毎週末聞くことにしましたよ!

New Album!!     (Update:1999/8)

 吉川のニューアルバム「HOT ROD」は、99.8.25にリリースされます!!この写真はそのジャケットのようですね。もしやこれは購入したばっかのアストンマーチンでしょうか!? で、10曲入りのこのアルバム、詳しい曲目はこちらを参照して下さい。夏らしい素敵なアルバムを期待しています!!!

Teleca De I Love You 2     (Update:1999/)

 以前、私が偶然購入した吉川テレカのご紹介をしましたが、またまた情報が!実はあのテレカは2枚組で吉川しゃんのファンクラブで発売されたものだったとか。なあるほど。それで"KOJI KIKKAWA"以外に何も書いてなかったのね。納得。また、別のファンの方はPretty Dateのジャケットのテレカを所有されているそうです。えーのー。そういえば昔KDDのCMに出ていたくらいだからKIKKAWAテレカってもっとありそうだね。

 関係ないですが、今日はBook Offという古本屋さんに漫画と小説とCDを売りに行ったわけですよ。矢沢とかね、SPEED(キアヌの方だよ。念のため)のサントラとかもう聞かないやつをリストラしたわけ。家も狭いし。で、全部で1,500円になったのですが、ふとみるとLDコーナーに見慣れた文字が・・・。「COMPLEX Tour 1989」!?をををを!!Complexの一ちゃん最初のGIGの映像ではないか!!池畑さんのメチャいけてるドラムが凄いあの伝説の白黒映像!!布袋が客席にDIVEしてボロボロになってKIKKAWAに助けられたあのパツキン二人組の映像か!!今までVIDEOでは持っていたが(もうLDは手に入らないと思っていた)、夢のLDだ!早速購入だ!いったい幾らだ!?何!?1,500円!!安いぢゃねーか!さっきの儲けで十分満足の買い物でした!ということでみなさん、豆に古本屋さん、金券ショップ巡りをしませう!!いいことあるかもよ!!

1999 Concert Tour     (Update:1999/)

1999コンサートツアーの情報〜! (from "K2 Net Cast")

KOJI KIKKAWA CONCERT TOUR 1999
日付会場名OPEN・STARTお問い合わせ先
9月10日(金)戸田市文化会館18:00 18:30ディスクガレージ 03-5436-9600
9月12日(日)群馬県民会館17:30 18:00フリップサイド宇都宮 028-633-1009
9月14日(火)東京厚生年金会館18:30 19:00 ディスクガレージ 03-5436-9600
9月15日
(水・祝)
東京厚生年金会館17:00 17:30ディスクガレージ 03-5436-9600
9月18日(土)名古屋市民会館18:00 18:30サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
9月25日(土)渋谷公会堂18:00 18:30ディスクガレージ 03-5436-9600
9月26日(日)渋谷公会堂17:00 17:30 ディスクガレージ 03-5436-9600
9月28日(火)広島郵便貯金ホール 18:00 18:30キャンディープロモーション 082-249-8334
9月30日(木)福岡サンパレス18:00 18:30BEA 092-712-4221
10月3日(日) 大阪・フェスティバルホール17:45 18:30 夢番地大阪 06-6341-3525
10月11日
(月・祝)
新潟県民会館18:00 18:30FOB新潟 025-229-5000
10月13日(水)札幌市民会館18:00 18:30ウエス 011-614-9999
10月15日(金)仙台サンプラザ18:15 19:00G.I.P 022-222-9999

 

ニューシングル!     (Update:1999/7/7)

ギラギラ ギラギラする吉川晃司です。でも冗談だよ。この画像は悪用せんように!  いよいよ「Glow〜」に続くシングルが発売されます。タイトルは「ギラギラ」。おお〜っと、いったいこのタイトルの意味するところは!?発売は7月7日。七夕ですね。しかし7月まで待たなきゃならないなんて!まだ一ヶ月以上もあるぞお!?いったいどんな歌なんだ!僕の予想では、「そろそろ夏の男、海の男、吉川晃司路線だ!待ってろ!TUBE!」てな感じで、CDジャケットも右のような・・・・。い・いやジョーダンですよ。ジョーダン!とにかく待ちましょう。価格は\1,020(TAX IN)だす。 以下は「ギラギラ」に関する本人のコメントです。(from "K2 Net Cast")。


 「曲自体はね、前のアルバム、前のエロスの時期にはもう出来てたんだよね。その時にも、夏に発売するつもりで作っていた曲なんですけど、ずいぶん時間もたっているんで、もう1回録り直しました。最終的には、サビは元のままだったんだけど、AメロBメロは全部変えちゃいました(笑)。
 夏を感じさせる旋律なんだけど、これは俺流の夏なんで。ただ海だ、小麦色の肌だっていう事じゃなくてね、もうちょっとこう、内面から燃える物みたいな感じで、そこにやっぱりちょっと危険な匂いも踏まえて、刹那的なもにしていきたいなって。それで、ぱっと思いついたのが、「カルフォルニア」っていう、ブラッドピットが主演した映画。夏といっても、熱い、こう〜胸の刹那っていうのかな、そういうものにしようと思ってたんだ・・・。」

K2に載ったとね     (Update:1999/)

 吉川しゃんのOfficial Fan Clubである"K2"の会報 Vol.65に当HPを載せていただきました。載ったのは「吉川晃司インターネットHome Page特集」です。ここにはオフィシャルページの他に、4つのファンのサイトが紹介されているのですがその中のひとつに入れていただいたわけ。光栄ですねえ。しかし他の吉川サイトはとってもカッコイイぞ、と改めて思いました。みなさん「吉川晃司のもっている雰囲気」をそれぞれイメージして、すごくうまく表現している感じ。こりゃー負けていられまへん(笑)!とは言いつつ、これまで通りののんびり運営を続けてゆく予定ですんで、まひとつよろしく〜。
 このFCの会報はマジでおもろい。こんなことなら会員で居続ければ良かった。なんと私、以前(中学校時代かな〜?)は立派な会員さんだったのですよ。確かFLEET K2とかいう名前だった。当時の会報もちゃんと持っているし、会員証であるキーホルダーも今でも持ってる!しかし寄る年波には勝てず(笑)今ではパンピー。。。い、いかん!吉川晃司を愛しているのに!もう一回入ろうか!?31歳会社員でもOKなのか!?ちょっと悩むぞ!ま〜愛さえあれば年の差なんて!!!!ちなみにこの会報の画像をUPLOADしてありますんで、会員でない方もご覧下さいな。私の「落ち着きのないガキ」のような文章も拝めますとね(笑)。

目を閉じて見えるものでいい     (Update:1999/2)

 先日発売された初のマキシシングル「Glow In The Dark」をやっとGETしました。やってくれます!まずは話題になったジャケット写真を見てよ!もう今までの吉川をぶち抜いています!髭の吉川晃司なんて誰が想像していたでしょうか!?タイトル曲の出来映えもGOOD! 複雑な吉川リズムに松井さんの詩。これぞ吉川晃司!という素晴らしい作品。まさに僕が好きな彼の世界ですよ、この路線。もしかして既存のシングルの中で一番好きかも知れないなぁ。サビのとこ(唇から〜・・・)なんか化粧品のCMとタイアップしたら絶対売れるよ。「NAKED」もとてもいいです。これくらいの疾走感のある曲は久々ではないかな?こりゃあ両方ともチャートを登りつめて欲しい!!「SPIRIT HIGHER 〜Theme for Nobuhiko Takada」は、ご存じの通り高田選手のために作ったインストですが、こちらはサビのメロにもうひと工夫欲しかった気がします。まあまあかな。しかし全体としてはかなり気合いの入ったいいシングルです。躊躇している方!これは絶対「買い」だ!
 しかし銀座山野楽器は、発売日の24日にもかかわらずあまり大きく取り扱っていなかったのが残念。かろうじてLive Album 「GOLDEN YEARS VOL.IV」はNEWのコーナーにあったが、シングルについては「吉川晃司」欄の既存アルバムと同じ棚にあった。これじゃぁわかんないよ〜!!
 「GOLDEN YEARS VOL.IV」 についてはまた次回コメントいたしますんで。

来た!!ニューシングル&ライヴ盤!     (Update:1999/)

 もうご存じの方も多いでしょうけれど、新着リリース情報です。(元ネタはK2 NET CAST...)

まずはお待ちかねのNEW SINGLE。タイトルは「Glow In The Dark」2/24発売で\1,325(\1,262)なり。内容は「Glow In The Dark」、「NAKED」、「SPIRIT HIGHER 〜Theme for Nobuhiko Takada」の3曲です。

 また、同日にLIVE ALBUMが発売されます。「GOLDEN YEARS VOL.IV」がそれで、2/24発売、\2,800(\2,667)。「エロス」「アクセル」「SPEED」他、シングル4曲を含む、97〜98年の最新ライヴ・ベスト・アルバム、全15曲だとか。なお初回限定はスリップケース仕様だそうな。とっても楽しみですね!


吉川晃司トピック 過去LOG

最新  2016  2015  2014  2013  2012  2011  2010  2009  2008  2007  2006  2005  2004  2003  2002  2001  2000  1999  1998  1997  1996

[パープルスネーク吉川晃司]に戻る