HOMEに戻る

吉川晃司TOPIX & 更新情報(過去LOG)2004年


これまた今更ですがThank Youのレビュー     (Update:2004/12/31)

 今年最後の更新です。いやいや、今年もPSをかわいがってくださいましてありがとうございました。ほんと皆様にはお世話になりました。怠惰な管理人は今年も忙しさにかまけてライブをさぼってしまいましたが、来年こそ!御大の21周年(笑)を盛り上げたいと思います。で、最後の更新ではちょっと古い話ですが、御大のTankyouをレビューしてみたいと思います。

 村上“ポンタ”秀一、後藤次利といった、正直チビってしまいそうなミュージシャンと、ほぼ一発録りのスリーピースセッションで完成させたというすごいアルバム。御大のギターに磨きがかかった今だからこそできるってもんだね。20周年に併せて作られたので「サンキューだから39曲」って・・オヤジギャグもたまらないぜ・・。

 まずはDiscI。いきなしGundogsが後藤さんの渋いベースでスタート。そしてパンドーラ。骨太なロックとして仕上がっている。この2曲は原曲よりいいかも知れないぞ!ナイフは、例によってギターに集中するあまりか、歌い方がややぎこちない(笑)。アクセルはいいですよぉ。ちょっとOver Driveきかせ過ぎの感もあるが、迫力満点ですわ。Boy's Lifeは原曲からは想像つかない導入部が面白いね。ボクサーの竹原さんが絶賛する名曲。KISSもアクセル同様、メタル系のイントロからいきなし歌謡曲に変身するのが面白い。Brain Sugarはきらい・・。原曲が嫌いだからいくらHeavyなアレンジをしてもらってもあかんなあ・・。ここでストリングスの美しいバラードバージョンのせつなさ〜。こりゃ絶品。よっぽどギターに自信がないと無理だよね。引き続きバラードタイムで終わらない〜。そして原田真二の名曲・キャンドルの瞳。後藤さんのベースが冴える!そしてなんと言っても憎まれそうな〜はすごい出来です。うわずった歌い方も素敵。これ、このままシングルカットできるよ!欲を言えば原曲で、何て言ってるかわからないあのコーラスも入れて欲しかった。そいでまたバラードに戻ってラヴィアン〜。これはもう何度も聞いているのでコメントは割愛。そして20年目のモニカ。本人も「このアルバムからシングルを作るならモニカだな」と言っていた程、入魂の一作。デビューからそれこそ「嫌と言うほど」歌ってきた(歌わされてきた)だけに、今この歳でアレンジをすることでこの甘ったるいラヴソングがきちんとキッカワロックになってます。

 DiscII、一発目はMis Fit。いまだにこのリズムを理解しきれない(笑)、複雑な曲。Lunatic〜とFantasiaは原曲とあんまり変わらないかな。FOREVER〜はイントロからしばらくピアノ曲としてアレンジされてます。改めてこれもいい曲だね。Whisky〜Radio〜も原曲と変わらないですな。この雨の〜はストリングスで美しい曲に仕上がっています。マシンガン〜スティングレイ〜も変わらないなあ・・・。怒られるかな、こんなコメント(笑)。Pinkyはちょっとフュージョンぽくてかっこいい。BOMBERSも変わらず。KATANA FISHはかっこいいなあ。こういうミドルでかっこいい曲が作れるって、やっぱ才能だと思う。

 てな感じで総評としてはまずまずですが、個人的にはDiscIIが原曲とあんまり変わらなくて残念。全体的に「吉川くんの20年と遊ぼう!」って感じで楽しいんだけどね。モニカと憎まれそうな〜が良かったかな。あとはまぁまぁという感じ。ちなみに初回限定盤は、ライブベスト音源もついてますが、本編と曲をダブらせてないのはありがたい(って、当たり前か・・)。なんと言ってもラストの真夜中〜はモニカのB面曲ですがこりゃ名作です。この曲の初ライブCD化には拍手!ファンの夢が叶いました。

 それから久々の更新なのでKikkawa Booksのコーナーも更新しましたよ!20周年の写真集2冊を追加しました。

今更ですが20thアニバーサリーライブDVDのレビューなんぞ     (Update:2004/10/11)

 「ライブから半年経ってるのに今更なによ」な〜んて言わないで(笑)。DVDを堪能したので内容をかいつまんでレビューしますぜ。
 まずはオープニング。御大のデビュー以来の(恥ずかしい)画像が次々とカットイン。音楽はTake It Easyのサントラより。なかなかいい雰囲気。テスタロッサもかっこい〜。タイトルの後「Mis Fit」の複雑なギターリフ。おお!モダンタイムツアー以来じゃないかこの曲が頭にくるのは。例によって歌声は聞こえるが御大はどこ?するとシルエットで歩いてくる御大!まさにヒーロー映画みたい。ギター無しの登場は久々?かっこは例によって石井竜也です(笑)。しかし喧太くんも久しぶり!髪が短くて爽やかだね。続いてはMC「懐かしい歌いっぱい歌っちゃおうかな〜」でメドレーで「Monica〜Friday Night Review〜La Vie En Rose〜Candle Eyes〜にくまれそうなNewフェイス」シンバルキックするが今日は花火無しね。続いては「You Gotta Chance」ノリのいい曲だからメドレーに入れずにフルでやってくれました。ギターはもちろん懐かしのスタインバーガー!でまたまたシンバルキック。そんでCOMPLEXの名曲「Don't Stop My Love」ここで御大は得意の編詩をしてくれます。「うちの前で待ってるぜ!誰が引きとめても!武道館の夜さ!連れ出してやるぜ!」おお〜かっこいい!ノリノリで「Pandora」御大のギターが冴える。しかし御大、やっぱギター持つと歌が若干ギクシャクするなあ(笑)。前よりは上手になったけど。「Fame & Money」ここでお得意のFantasia Danceが炸裂。「Be My Baby」が大音響のコーラスでスタート。ここでまたも編詩です。「瞳を閉じれば〜いつも君がいる〜笑顔ふりそそぐ〜○♂☆@#£くる〜よ〜」聞いたことも無い歌詞の上に、何言ってるかわからない箇所もあり(笑)!でもこの日は天海祐希さんもいらしていたので、きっと二人だけの暗号なんでしょう。バレンタインやし。「Black Corvette」例によってクスリやってるよ〜なハイテンション御大(笑)。「俺のサイ〜ズは〜」の所で股間をパクッと触るのはご愛敬。。。「SPEED」おじさん少々くたびれてきたぞ〜って感じで歌詞はめちゃめちゃになる箇所あり。「a day good night」をギター一本で奏で始める。うまいもんだね。この年になってこういうクールな歌詞がより似合うようになっちゃうところが御大の凄いとこだね。

 disk2に入ってサングラスの御大登場。「BOMBERS」で渋いリフを聞かせてくれる。ギターは特注の(笑)「K2マークギター」。「PSYCHEDELIC HIP〜Hot Lod〜Sexy〜Hello!Darkness」えらくレトロな曲だが、今の時代でも十分いけます。この曲では画面分割や視覚エフェクトが効果的に導入されてます。まさかこの曲をやるとは思わなかったのは「Sex Crime」。ライブで盛り上がる曲だけど御大の20周年に武道館で「朝岡美麗のよがり声」が聞けるとは・・。フライングVを手に演奏するは「Brain Sugar」。ラストのシンバルキックの後、力つきてしばらく立てない御大。ガンバレ〜。「A-LA-BA-LA-M-BA」でまたまたボルテージが上がり初め、「Purple Pain〜Back To Zero〜Imagine Heroes」のメドレーで一気に最高潮へ!そして永遠の名曲「The Gundogs」いいね!指を食われちまうぜ!!まさにムツゴロウ状態(失礼・・)!そして、やっぱりやると思った「KISSに撃たれて眠りたい」10周年の時に作った曲だが、これは節目の度にやってほしいね。もう無敵のカッコヨサだよアニキ!40近くてこんなにカッコイイおっさんはいねーぜ!と、ここでMC。「これを歌ってた当時は背伸びしていた。でもこの気持ちを20年持って来れた。自分のためにも歌いたい。ちょっとつきあってください。」そう言って流れる「Innocent Sky」。う〜ん御大、ついに辿り着いたね。この歌詞、このメロディの持ってる力強さに・・・。この年齢の御大だからこそ迫力が出てる。アンコールでは「もう時間がないんで!途中で終わってもしらねーぞ!」と言いながら「せつなさを殺せない」。世界が背いても離しはしないぜ!アニキ!お約束の片手バクテン!しっかしほんといいライブだね〜。行けば良かったと後悔(笑)。あ、付録のCDとスタッフパスはね、、、こりゃ無くても良かったかも(爆)。

ヤフオクって素晴らしい     (Update:2004/8/28)

ヤフオクでゲット ヤフオク、面白いですねえ。今では累計50万円くらい売ったり買ったりしてます。一度もトラブルなし。なかなか便利です。レアなものもだいぶゲットしたし。ちゅーことで最近ゲットした品。「すかんぴん〜」のポスターと何かの雑誌の付録の吉川本(それとブレイバックル笑)。いいでしょ。なんか欲しくなって落としました。でもね、酔ってオクやるとダメですね。バンバン落としちゃうから笑。気を付けましょう!ギャラリーコーナーを更新しました。最近の写真を追加したり、壁紙もひとつ作成しましたので楽しんでください。

スカパー!で吉川晃司大特集     (Update:2004/8/18)

スカパー吉川特集  なんと9月のSKY PerfecTV!パーフェクト チョイス「プレミア!」で、吉川御大を特集するそうな。デビュー20周年記念という事でイベントや製品発売が目白押しですな〜。財布がきついよ笑。こちらに詳細情報あり。放送するのは、永久保存必至のオリジナル特番『Thank You』(60分:コピーガード無し!)と発売済のライブ映像10番組。番組と番組の間の無料放送時間帯には、9月8日(水)に発売となるセルフカヴァー・ベストアルバム「Thank You」のTVスポットなどをオンエア。さらに、全番組購入者の中から抽選で5名様に、直筆サインを入れた20周年記念“特製ロックグラス”をプレゼント。いやいや、これは見たいよね。

タイトル 備考 金額 録画
「Thank You」 *アルバム発売日9月8日(水)よりOA 1,260円/番組 録画可
「'85 LIVE for Rockfeeling kids in BUDOKAN」 (DVD未発売) 735円/番組 録画不可
「'85 JAPAN TOUR FINAL IN 東京昭和記念公園」 (DVD未発売) 735円/番組 録画不可
「DRASTIC MODERN TIME TOUR TOKYO 8 DAYS LIVE」 (DVD未発売) 735円/番組 録画不可
「Lunatic LUNACY」 (DVD未発売) 735円/番組 録画不可
「SHYNESS OVERDRIVE 1992」 (DVD未発売) 735円/番組 録画不可
「CONCERT TOUR 1994 My Dear Cloudy Heart」 (DVD未発売) 735円/番組 録画不可
「LIVE GOLDEN YEARS Vol.1 & Vol.2」 (DVD未発売) 735円/番組 録画不可
「HOT ROD MAN LIVE」 (DVD未発売) 735円/番組 録画不可
「SOLID SOUL 2001」 (ファンクラブ限定販売作品・DVD未発売) 945円/番組 録画不可
「SMASH THE PANDORA」 735円/番組 録画不可

切り札は君の中 研ぎ澄まされた勇気にして     (Update:2004/7/19)

御大のテス造  またまた二ヶ月放っておきました〜(笑)。いやいや、しかしいろいろありましたな〜。まずは日比谷野音の話。7月4日といや、米国独立記念日。いや、この際それは関係ない。俺に取っちゃ単なる日曜。しかし出社なのだ〜。東京駅近くの自分の会社で悲しく仕事をしていました。そしたらBBSの書き込みをみて「やべ!今日野音じゃん!」と気づいた。日比谷は実は近いのだ。会社を出てすたすたを日比谷公園に歩いた。おお!「パンドーラ」だー!超かんげきー!トシちゃんかんげきー!もちろんチケットは無いから中には入れないし、御大の顔もみれないけど、でも音は聞けたぜ!「マシンガンジョー」!!で、裏口に御大のテスタロッサが停まっていたから、写真とって帰ってきましたとさ笑。

吉川晃司with天海祐希 そいでその2日後。熱愛報道(笑)。正直、嬉しかったすよ。俺は。いいじゃん、そこらの小娘じゃなくて。吉川御大の人間のでかさを理解してくれるのはやっぱり大人の女性、それもとびきりの美女で、なおかつ自分をしっかり持ったキリっとした人がよかった。だから天海祐希さんはぴったりだと思いますよ。まーいきなし結婚という形をとるかどうかわからないけど、でも一緒になって欲しいと思います。で、びっくりしたのはTBSの「アッコにおまかせ!」。うちのVenusのお客様、絣さんによると、芸能コーナーで「吉川さんも公式ページにて本件についてコメント」として、なんと当HPのトップページに書いておいた御大のコメントがドーン!(笑)。をいをい!うちは公式じゃねーつーだよ。でも笑えた。絣さん、情報ありがとー!みときゃ良かったよ。(しかしテレビの製作会社も最近はネットがあるから手を抜いてるなー。つか、情報集めが楽だろうなー。プロらしく仕事して欲しいよ。)

 あとはおきまりのインフォメーション系ですが、7月22日に「Koji Kikkawa Live Golden Years 20th Anniversary PRELUDE at BUDOKAN」という嫌がらせのような長いタイトルのDVDが発売されます。そうそ、あの(僕が行けなかった)バレンタインデーライブの映像です。初回限定盤は7,800円で特別仕様DVD2枚組+CDで豪華特典として、20周年記念武道館公演オフィシャルBOXパンフレット、スタッフパスレプリカ、スペシャルCDだそうな。(ちなみに通常盤は5,800円でCDなし。)
 さらに、9月8日にセルフカバーアルバムを発売。こちらも初回限定盤はベスト2枚+ライブベスト1枚で4,500円。Monica/La Vie En Rose/KISSに撃たれて眠りたい/パンドーラなどなど全20曲を2枚に収録しているのだそうな。

 まー今のところそんな感じです。ライブは忙しくて行けないので、密かに自宅や愛車(アルカディア号)の中で御大の曲(とデカレンジャーとブレイド)をガンガンかけて20周年を心から祝っております。これからもガンガンギンギングングンと走り続けておくれよ。あ、披露宴やるなら呼んでね(笑)。壁紙を一枚追加しました。

記念本とバックステージパス     (Update:2004/5/4)

 おまた〜!二ヶ月ぶりの更新だぜよ。元気してたかー!そうそ、前回の更新で書いたタイムスリップグリコは、「モニカ」バージョン、「真夜中のストレンジャー」バージョンの両方をゲットしたよ!後者は某ファンの方(実は知り合いの知り合いだった!)が送って下さいました。この場を借りてお礼を!ありがとう!

 さて、20周年記念ということで財布に厳しい年になりそうです。まずは音楽専科社より「吉川晃司20周年記念プレミアム写真集」が発売されます。SARSの影響で撮影場所を変更したり、いろいろ苦労の末に作られたようです。B4版ハードカバー、オールカラー112ページという豪華な一冊。スペシャルインビテーションROMカードとシリアルナンバーが振られる模様。税込定価12,600円也!たけー!送料500円なり!合計13,100円なり!!おーう、払ったろうじゃんか!こうなったら地獄までつき合ってやるぜ、アニキ!詳細はこちらを参照のこと。

 さらに!御大デビュー以来ずっと御大を追いかけてきたパチ▼パチ編集部が総力を上げて(金ないから総力あげんでいーのに・・)ファン必携の永久保存アイテムを作り上げてくれたのであった!その名も「Koji Kikkawa Anthology」!こちらはA4ワイド版、304ページケース入り、シリアルナンバー入りプレート付きで税込定価9,000円也!(送料込)詳細はこちらを参照のこと。

 ええ、申し込みましたとも。2つともね(ヤケになってます)!く〜泣けるぜ。金ないのに。そりゃそ〜と友人がこげなものをくれた。先日行われた御大のライブのバックステージパスなのだ!何と彼は関係者だったのですね〜。某ゲーノー人の方と一緒に観覧のあと、何と打ち上げにまで参加したとかしないとか・・・。羨ましい限りでごわす。
 壁紙コーナーに一枚追加しました〜。

ライブに行けずタイムスリップ     (Update:2004/3/7)

 すいません。神戸の仕事で平日は忙しく、更新もままならず。当然、武道館にも行けず(涙)。もう悲しいことこの上ない。でもVENUSでみなさんの会話を読んでますから寂しくなんかないさっ!!(笑)
 さてさてグリコの提供するタイムスリップグリコでなんと吉川御大の「モニカ」が発売されるそうです。(北海道、東北2004年2月24日発売、関東、甲信越2004年3月23日発売)一曲しか入ってないけどね。ところがどっこい、武道館来場者に配られたバージョンはB面の「真夜中のストレンジャー」だそうな。いいな。何とか両方ゲットしたいもんですね。やっぱヤフオクですかね。しかし「懐かしの」とか「20世紀の」とか言われると、もうそんなに経つんか〜そやな〜とか思っちゃいますね。20年ですもんね。ナカタニDさんも書いてましたが、20年続けるのもすごいが、追い続ける我々もやっぱすごいな〜と自分で自分に感心。「一途さ」は今の日本人が無くしつつある大切な心だ!(と信じる)

 今週久々に加藤晴彦さんの紹介で「いいとも」にも出ましたね。白髪が増えたんですか。いっそ白髪の吉川晃司ってのも見たいけど。でもごま塩じゃ〜ちょっと板前さんだね(笑)。春日部まで歩いたって、相変わらず極端な生き方をしている御大です。くれよんしんちゃんを知ってるってとこにびっくりした。

 えーとテレカコーナーと壁紙コーナーにそれぞれ一枚ずつ追加しました〜。

2004年。今年もよろしこ。     (Update:2004/1/1)

 こんなサイトでももう8年経っているんだ。びっくりだね。最初はアスキーネットでちみちみスタートして、そっから無料サーバーレンタルで「今月の吉川晃司」とゆー超マイナーなサイトを立ち上げ、いつのまにやらパプスネとしてここまで成長しました。我が子ながらよくここまで成長したな。お〜ヨチヨチ。8歳と言えばもう小学生。そろそろバーボン煽ってケータイ使ってタバコなんかふかしているかも知れないんである。特にこの子は暴走しがちで、回りの大人達がしっかり見守って応援してやらないと・・・。ということで今年もよろしくです。

ちゅーことでアルバムレビュー。「今日のエサは〜、"KATANA FISH"だ〜!」(貝塚吉夫調)いや、元曲はあまり好きじゃなかったんだけど今回の「KATANA FISH」はいいねえ。やっぱ歌詞でこんなにも変わる物なんでしょうか。本人はかなり冬を意識しているようだが、これは成功しているね。アイルランド系というか、そっち系の香り。本人が目指しているU2も敵じゃないぞ!「BOMBERS〜20th Year's Eve MIX〜」はオープニングのギターと曲のリズムを合わせて欲しかったな。でもこりゃ2000年代の「サイケデリック・ヒップ」だね。「ブラック サンタクロース」・・・あかんて!あかん、あかん!こりゃ題材が既にギャグやん。何をどうカッコヨク歌ってもこりゃダメだよ。本人の趣旨は会報で読んでわかったけどさ〜、題材を変えてもう一回作って欲しい。曲はいいのにねえ。「VENUS〜迷い子の未来〜20th Year's Eve MIX〜」は原曲とあまり変わってないね。重厚感は増している。ギターソロはさっぱりしちゃったね。途中のコーラス部分がきれい。改めて、いい曲だ。「SOLITUDE〜20th Year's Eve MIX〜」これもあんまり変わってないかな。オープニングから続くギターがややうざくないっすか?御大の場合、リメイクすると必ずギターがガシガシヘヴィーになる傾向があるんだけど、大昔にライヴで聞いた「マリリン」のような、秀逸なアレンジを期待したいもんです。個人的には。しかし歌うまくなったにゃ〜(・∀・)。「KATANA FISH〜Studio Live MIX〜」は、オープニング曲との違いがわからなかった。スタジオライブなん?んなわけで、吉川くんからの素敵なクリスマスプレゼントとなったわけです。ところでジャケットの写真?絵?これ、かっこいいね。これをTシャツにしたいよ。おまけのDVDは笑った(笑)。

さ〜調子に乗ってライブDVD「LIVE JELLYFISH」もレビューしちゃうぞ!こいつは僕も行った2003年10月12日に国際フォーラムにて行われた、KOJI KIKKAWA CONCERT TOUR 2003 "Love Jellyfish"FINALの映像。まずはオープニングのカッコヨサ!「TOKYO CIRCUS vs PRETTY DOLL」のサウンドとCGと吉川のシルエットをうまく利用してえらいかっこいい仕上がり!吉川の声がちょっと裏返っちゃうけど(笑)。そしてこのシングル!「恋のジェリーフィッシュ」深海だ!さらに史上最強のシングル「パンドーラ」!盛り上がりまくり。汗だくで歌う御大!お前はお前を脱ぎ捨てろ!富士額総裁について語ってたね!「Octopus Bomb」!晃司、風船に笑って歌えなかったりして(笑)。「スティングレイ」君のクレバスかぎまわるのさ!「青より碧く〜Bluer than Blue〜」は深いよ。本当にうまい。幻想的なキーボードで始まるとそこは本当に深海だ。僕もそこに行こう。「Atomic Butterfly」出た!Dボウイ声!ま、いいか。「RAIN-DANCEがきこえる」こいつはアレンジがいい!この歳になって歌うから更にいいね。「Pinky Oyster」そつなく、「マシンガンジョー」かわして、そして懐かしの「Brain SUGAR」今時フライングVなんて・・・晃司は似合うね(笑)!「Fame&Money」段々盛り上がってまいりました!そして出た!「IMAGINE HEROES」コンプ時代の名曲!いいねえ。悪い奴らが生き残るのさ!ギターソロの前に気合いで叫ぶ晃司。クスリやってないよね!?「The Gundogs」もう最高!死んでもいい!かっこ良すぎ!「INNOCENT SKY」若い頃より断然いい!一生歌って欲しい深い歌だね。しかし「いたわる嘘もきれいな嘘も〜」ってところも含め、創作歌詞のオンパレード・・・。さすがは御大!

ちゅーことで壁紙に一個追加したよ!今年もよろしくな!(よしかわこおぢ)


吉川晃司トピック 過去LOG

最新  2016  2015  2014  2013  2012  2011  2010  2009  2008  2007  2006  2005  2004  2003  2002  2001  2000  1999  1998  1997  1996

[パープルスネーク吉川晃司]に戻る