はじめに HOMEに戻る

忘れられない松田優作という俳優

 あなたは松田優作という"世界に通用する俳優"が日本にいたことを知っていますか?もしあなたがごく若い人だとしたら、知らないかも知れません。松田優作という何もかもがカッコイイ男が、自分の信ずるものに真っ直ぐに生き続けた男が確かにいたのです。

 私は、もの心ついた時にはもう彼のファンだったような気がします。優作が世に認められたのは「太陽にほえろ!」だったのでしょう。ジーパン刑事の殉職シーンはいまだに衝撃的です。でも私が一番好きなのはTVドラマ「探偵物語」での松田優作=工藤俊作です。当時としては珍しかったスクーターのベスパにまたがり,シェリー酒とキャメル,そして何よりも街の仲間達をこよなく愛する工藤ちゃん。この「ユーモラスでいい加減だけど,ちゃんとすじを通す」キャラクターはたまらなく魅力的でした。それまでの「アクションスター松田優作」を完全に破壊しつつも、根底にはしっかりハードアクション,ハードボイルドがある。優作ファミリーが一体となって作り上げた「工藤ちゃんのいた街」は私の人生に大きな深みを与えてくれました。

 その後、優作は真剣に芝居、演技の世界を極めてゆき、数々の名作・名演技をフィルムに焼き付けました。既製概念にとらわれることを嫌い、パターンの破壊・新しい試みへの挑戦を止めなかった優作。現状に安住せず常に上を目指し、作っては壊し、作っては壊す。天才ならすいすい通る道を、転がりながら、傷つきながら、人一倍の努力をしてあがいてもがいて道を切り開き、幅を広げる。一生成長してゆくその「過程」が、「生き様」が今もってファンを惹き付けてやまないのだろうなと思います。

 加えて、鍛え抜かれた体とユーモアのセンスと身に纏ったオーラ。これらを兼ね備えた人間は地球上でもそうはいないでしょう。もはや人間よりは仮面ライダーに近い存在です笑。ウルトラマンのように巨大なヒーローではなく、改造人間の悲哀を背負い、傷を隠しながらもニヒルに笑ってみせる等身大のヒーロー。あり得そうで実はあり得ない存在。それが松田優作という役者だったんだと思います。

 このページでは松田優作の軌跡を再確認するとともに、彼が残してくれた数々の作品をレビューしてみたいと思います。ただし、はじめにお断りしておきますが、このページは管理者であるMaster JOKER個人の目を通した優作象がちりばめられています。それが必ずしもあなたが思い描いている優作象と重なるとは限りません。大切なのは、「優作という俳優を知った人が、彼の生き様に共感できる点を見つけて、それぞれの人生にプラスになるように作用させること」だと思っています。あなたは「あなたの松田優作」を見つけてください。

 それでは[我が心の松田優作]ワールドを楽しんでいってください。

This Web-site is produced by Master JOKER(johta@yusaku.com)


 まだまだ制作途中のHPです。手元にいろんな優作,工藤ネタがあるのですが、なかなか整理する時間が無くて今に至っております。これから少しずつガウディのように積み重ねてよりよいサイトにしていきたいと思います。
 優作が旅立っている今、留守を守るのは我々優作FANです。彼の熱い想い,生きざまをみんなで伝承し,いつかみんなで"優作コミュニティ"をネット上で作りましょう!きっとその時,黒いスーツでベスパに乗った優作が「悪いな。道がこんでて遅れたよ。」とかいいながら帰ってきます。

リンクを希望される方は事前にメール(johta@yusaku.com)を下さい。なお、できるだけトップページにリンクして下さるようお願いいたします。また、以下のバナーを使用していただけるとうれしいです。



[我が心の松田優作]に戻る