[JACK in the Wind] SUZUKI GSX1100S KATANAでリターンライダーになった危険な話

2015_0516 六本木スターウォーズ展

こんばんわ、最近チューばっかしてますわ。わははは。


て、嘘です。

チューばっかと言えばチューバッカ。
宇宙を駆け巡る密輸業者ハン・ソロの相棒のウーキー族です。直立不動です。

因みにハン・ロソって、元は孤児で、ウーキー族の女性に育てられたのね。さらに言うと、その後頑張って帝国軍の将校になれるほどの幹部候補生になったのに、奴隷だったチューバッカを助けた事から籍を剥奪され、一切を失って二人で再スタートしたのね。ええ話やないの。ソロってそう言う背景の人だったのねえ。

それはいいとして、スターウォーズの新作が今年12月にやってくるのだ。予告編みた?萌えるよ!
そしてそれに向けて六本木ヒルズではスターウォーズ展を開催中なのだ。

とある金曜日に仲間と来てみた。

建物がすでに未来。
クラウドシティみたい。
あ、スターウォーズは未来じゃなくて太古の話か。

1,800円払ってチケットゲット。


中には巨大なデススターが浮いている!
しかも建築途中。


内部までよー出来とる。
よく見るとタイファイターとか飛んでる!
縮尺は合わんけどね。


しゅこーしゅこー。
ベイダーでごわす。
『わしゃお前の父じゃぞ!カツオ!』



で、ここから先は撮影不可。

六本木の夜景を背景に、ミニチュアや絵画や造形物(撮影に使われたものではなさそう。レプリカやね)が並ぶ。
各部屋ごとにテーマを決めて音楽も変えて。なかなか楽しめる。
写真撮れないのが残念。


因みに夜景は完全にブレードランナー。

出口近く。

で、以下はビルの階下にあったやつ。





会場出ました。お土産コーナーで3,000円くらいのTシャツ買った。キャップが欲しかったけど売り切れでした。

だけど惜しむらくは実物大X-wingとか(流石にファルコンは無理でも)迫力のある展示も一つは欲しかったなあ。そこいくと昔のミニチュア全盛時代のSFX展は楽しかった。CGがなかったから、本物が展示されてたのよね。
物体Xのクリーチャーの展示とか、牢屋みたいな中に入れられてて暗がりでわさわさ動いたり、スゲー雰囲気満点でした。ブレードランナーのタイレルビルとか、実物大クイーンエイリアンとかね。

しかしスターウォーズ待ち遠しい!!
スターウォーズ展ももう一回くらい行きたい!

帰りに見つけたゴジラはん!

て事でバイクのブログなのにカタナが一切出なくてごめんなさいヨーダ。

海外で実物大ミレニアムファルコンを建造中の猛者のホームページ



実物大R2-D2を作ってるクラブのホームページ


12月までこのテンションを持続しヨーダ!

 

 

[JACK in the Wind]ホームに戻る

Homepage